住宅ローンとは

住宅 皆さんは、人生でもっとも大きな買い物というと、何を思い浮かべますか。 多くの人が、住宅を買うことを、人生最大の買い物と考えています。 人生最大の買い物というだけありまして、その金額も、通常の買い物とは桁違いです。

通常の買い物でしたら、新車でもせいぜい300万円から400万円といったところです。 しかし、こと住宅の買い物となると、300万円や400万円では買うことができません。 最低でも1000万円は見ておく必要があります。 しかし、多くの方が、1000万円という大金を預金していません。 せいぜい数百万円の預金といったところです。 それでは、住宅をニコニコ現金一括払いで購入することはできませんよね。 では、1000万円以上の預金がない人は、住宅を購入できないというのでしょうか。 そんなことはありません。 住宅を購入したいけれど、それほど多くのお金を持ち合わせていないという人のために、銀行などの金融機関では、住宅ローンを用意しているのです。
しかし長期にわたる返済で収入等が不安定になると、住宅ローン滞納という問題がでてきます。

金利は銀行の利益

住宅ローンの負担 銀行では、住宅を購入したいけれど、なかなか持ち合わせの現金がない人のために、住宅ローンを用意しています。 住宅ローンがあれば、分割で返済をすることができます。 分割で返済をすることによって、1000万円以上の住宅であっても、決して手の届かないものではなくなっているのです。 分割払いでいいのに、多額のお金を貸してくれるとは、なんて銀行はいいところなんだろう、と思っていませんか。 もちろん銀行というのは、慈善事業で希望者にお金を貸しているわけではありません。 銀行は特に、お金を取り扱う仕事ですので、お金に関してはとてもシビアです。 利益がないことを、銀行がするわけはないのです。

住宅ローンにおける銀行の利益というのは、金利です。 金利というのは、借りたお金に発生するパーセンテージのことです。 住宅ローンの金利は、消費者金融で借りる金利よりも低く抑えられています。 しかし、借りているお金が桁違いですので、金利に伴う利息も多くなり、それは全て銀行の利益となります。

最新情報&更新情報

2010.2.18 ページ追加しました
2013.2.12 トップページ更新
2013.2.05 サイトをリニューアルしました!